【ヒアリ】が東京港で新たに発見。中国共産党による生物テロか?

シェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ヒアリは日本には元々いない、猛毒を持ったアリです。

刺されると激しいアレルギーショック症状が起こり、海外では死者も出ているほど危険な生物です。

(追記:後の政府の発表でヒアリの被害により死亡に至った例は確認されていないとの事。)

しかしいまこの日本において、国内の港各所でそのヒアリが確認され、海外からの貨物を取り扱う港の職員が実際にヒアリに噛まれ負傷する事案も発生しています。

日夜、専門家の方たちがヒアリの繁殖を食い止めるために水際の対策を行っています。

しかし、対症療法を続けるような状態で、本当にこの事態を収束できるのでしょうか?

これまで発見されたヒアリの侵入

ヒアリはこれまでに関西・関東合わせて5ヶ所でその侵入が確認されています。

  1. 5月26日 兵庫県・尼崎市
  2. 6月16日 兵庫県・神戸港
  3. 6月27日 愛知県・名古屋港
  4. 7月4日  大阪府・大阪南港
  5. 7月7日  東京都・大井ふ頭

南沙港

ヒアリの侵入経路である貨物は、中国広東省の南沙区南沙港から幾つかの港を経由して送られてきた物です。

南沙港は沖縄から台湾を中間にした辺り。中国本土南側の、中国が人工島を建設している南沙諸島のある海に面した港です。

なぜいま、ヒアリが貨物に混入するのか?

南沙港に関する詳しい歴史などの情報はネット上にはほとんど見つけられませんでした。

中国は情報統制が厳しい国なので当然と言えば当然かもしれません。

しかし、ここ数ヶ月・数年という短期間に日本との貿易が始まったわけではないようです。

水際対策の強化・・・しかし、本当にそれでいいのか?

強毒「ヒアリ」を国内初確認 全国で水際対策の強化を【毎日新聞】

現在、環境省や自治体による対策が取られています。

その対策とは、アリ捕獲用粘着剤によるトラップ殺虫剤によるものです。

しかし数匹の動物ならいざ知らず、草むらや砂利の中に潜み移動するごく小さな生物、しかも数百匹単位で侵入したものを完全に駆除することなど、素人目には到底不可能に思えるのですが・・・どうなのでしょうか?

この日本では、かつての1990年代にも『セアカゴケグモ』という毒を持った外来種の蜘蛛の繁殖を食い止められずに、全国に拡がり、現在に至っています。

ヒアリは中国共産党によるバイオテロの可能性はないのか?

ここからはわたしの想像の域を出ません。

相手が他の国ならこのような過激な陰謀論も、「突拍子もない」と片づけられます。

しかしそれが、反日感情根強く、これまでに日本国内外から日本侵略を虎視眈々と狙っているであろう『特亜』となれば話はまったく違います。

そもそもなぜ、

「いまになって」

「これほど立て続けに」

「猛毒の生物が貨物に混入」

するのでしょう?不自然だと思う人間は私だけではないはずです。

特亜である中国国民は、これまでにも反日感情による大規模なデモを起こし、日本人の店を襲撃したり、日本国旗を燃やしたりなどの過激で愚劣な行為を行ってきた連中です。

ヒアリの赤は共産主義を象徴する色―――一度火がつけば理屈の通じないヒアリの如き中国人の凶暴性

それが中国共産党による国家ぐるみの謀略?または反日感情を持つ小規模なグループによるものである可能性?

この疑念を完全に排除することは、私には難しい。

日本政府は中国政府に対して厳重に抗議しろ

上記したように日本国内各所では、ヒアリに対する水際対策に追われている状態です。

しかしそんな事よりも、まず初めにやることがあるんじゃないのか?

これが共産党の仕業であれ、一部のイカレた人間の犯行であれ、そのどちらでもなくただ偶然に日本への貨物に5回もヒアリが混入したのであれ、もうこの際それは置いておく。

なぜ南沙港との貿易を、ヒアリが発見された時点で規制せずに、その後4度もヒアリの侵入を許しているのか?

これは日本政府の怠慢としか思えない。

私は左翼でも何でもないが、おかしいと思うことは言うまでだ。

いや、むしろこの事態を野放しにするような人間がいるのなら、それこそ日本への攻撃を内部から補佐する工作員と思われても仕方がないだろう。

日本政府は直ちに中国政府に厳重に抗議しろ

税金から払われているであろう、ヒアリへの対策・駆除費用をシナに払わせろ。

いや、シナ人を連れてきてやらせろ!

1匹残らず駆逐するまで帰らせるな!

小さな子供が公園で遊んでいる時に、ヒアリに刺される事故があったらどうするんだ?命を落とすようなことがことがあったら?

責任を取れるか?

すでにヒアリは日本にいるのだ。これは大げさでも何でもない。

いい加減にその、『文句も言わず』『事が起きるまで日和見』している御役所的国民体質

なんとか治療してもらえないか?本気で。

スポンサーリンク

シェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします