【1】芸能人になりたい?日本人なら芸能人を目指してはいけない。食い物にされたくないのなら。

シェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ミーハーはまっさきに騙される、と言う話は以前の投稿で書いたことがあります。

【RADIO FISH】Perfect human? いつの世も真っ先に騙される“ミーハー”人種
【RADIO FISH】Perfect human? いつの世も真っ先に騙される“ミーハー”人種
ミーハーとは、世の中の流行た芸能人の動静に今まで無知の人が熱中したり、影響を受け知ったかぶりの行為をする者 ~ 元々は低俗な趣味や流行に夢中...

周りに同調することが生きがいであるため、真理を見定めることができないからです。

ミーハーの語源は女性、特に若い世代の女性がとされています。しかし韓流ブームの捏造に騙される中高年女性も大勢いたので年齢では一概に言えません。

そんな若いミーハー女子に昔から多いのが「芸能人になりたい」「女優になりたい」「歌手になりたい」などの夢です。

しかし、こういう層の女性たちはまさに芸能界に巣食うものの『ネギカモ』となり得るでしょう。

芸能界は在日朝鮮人の巣

芸能界の人間は帰化している人間も含めると8割が在日朝鮮・韓国人だと言われます。俳優、バラエティータレント、芸人などの出演している人間はもちろん、制作側の人間も含めてです。

日本国内の在日朝鮮人の数は2015年現在で49.8万人ですから、およそ日本人255人に対して一人です。芸能界の在日の割合は真逆どころかとんでもない割合になるわけです。

芸能と言う仕事がそもそも何かというと、前身は昔の見世物屋です。

仕事にありつけない身分の低い人が見世物になって日銭を稼いでいたのが始まりです。現代の人間が「スター」だとか「憧れ」だとか言って羨望のまなざしで見るようなものとは真逆の存在でした。

戦争前後に日本に住み着いた在日朝鮮人たちは日本でまともな仕事にありつけませんでした。そこで目を付けたのが芸能界です。在日朝鮮人が芸能界に蔓延した発端はこういうことです。

在日認定

よく「何でもかんでも在日認定するな。」という人がいますが、こういう人は「普段周りでは在日朝鮮人をほとんど見ないのに、そんなのはおかしい」という思考回路でそのような発言をします。上記したような前提を理解していないので、無知ゆえにこのような発言をします。

他にも、このような騙されやすい人が『○○さんは日本の○○県出身です。本名は○○です。だから韓国人じゃなく日本人です。』などと言っています。

在日朝鮮人が日本で生んだ人間は日本生まれの朝鮮人です。日本名が付いていても、帰化していても朝鮮人の血を引いていますし、通名という偽名を用いている可能性あります。

それを『日本人』とするかどうかはそれぞれの価値観ですが。

なぜ芸能人が『憧れの存在』になったのか?

日本は第二次世界大戦でアメリカに敗れ、敗戦国としてGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の支配下に置かれました。

GHQの中心であるアメリカは、日本を『二度と逆らわない国』にするためにスポーツや娯楽で平和ボケさせる政策を行います。いわゆる『3S政策』です。

その役目を担ったのが、戦後アメリカの軍門に下り広報・工作機関としての役目を担った電通です。
戦争の仇であるはずのアメリカに、近代の日本人が憧れるようになったのも、テレビが日本人をそのように誘導・扇動・洗脳したからです。

そしてそのような間接支配(植民地化など反乱を招くような直接的支配ではない支配方法)のためにアメリカGHQが使った番犬が在日朝鮮人です。

当時日本で犯罪の絶えなかった在日朝鮮人を朝鮮半島へ帰そうという声があったにも関わらず、GHQは目的のためにこれを野放しにしました。

日本国内で圧倒的少数である在日朝鮮人が、現代日本の中でメディア・ビジネス・宗教など様々な分野でこれほど力を付けたのも、そのような黒幕の後ろ盾があったから…または日本政府が戦勝国に対しての忖度としてそれらのことを泣き寝入りしてきたからだと考えられます。

このようなことから在日朝鮮人が巣食った芸能界は、日本人から金を巻き上げ、娯楽で骨抜きに洗脳し、なおかつ一般大衆から憧れられる業界になっていったのです。

テレビ番組『スター誕生』

戦後20年以上の月日が流れた1971年。日本テレビで素人が歌手を目指してオーディションする番組『スター誕生!』の放送が開始します。萩本欽一が司会を務めたこの番組は大変な人気を博し、12年間に渡って放送されました。

スター = です。芸能界は一般の人と違う輝かしい存在であると大々的に宣伝したのです。

このような番組を放送していると一般大衆は「そうなんだ。歌手になればこんなに注目されて、歌を唄っていれば大金が手に入るんだ。すごい!」と勘違いしていきます。

「70年代の紅白出場者は殆ど在日で日本人は殆どいない」

これはまさに『スター』と呼ばれる錦野旦が語った言葉です。ちなみに彼も在日朝鮮人です。

しかし日本にわずかしかいない在日朝鮮人。公平に実力や容姿で選んでいたら『芸能界の8割が在日朝鮮人』などと言うことになり得るでしょうか?

要するに、数十年も前から現在に至るまでこの手の芸能界のオーディションなどというものは、在日朝鮮人同士によるマッチポンプ(ヤラセ)だということなのです。

また、他の方の書いてらっしゃるブログ記事のリンクを貼らせていただきました。芸能界に憧れている方はご参考になると思います。

あなたが憧れたテレビ業界は何処も本当に在日だらけですよ

1       2       3

スポンサーリンク

シェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします

『【1】芸能人になりたい?日本人なら芸能人を目指してはいけない。食い物にされたくないのなら。』へのコメント

  1. 名前:日本人 投稿日:2018/02/27(火) 18:16:48 ID:f2e266fee 返信

    芸能人=見世物

    歌舞伎役者もそもそも河原乞食と呼ばれてたし、見世物小屋の延長がいまの芸能プロダクション、興行はそもそもその筋の人たちしかやらない。

    自分らで自分らのことをスター?
    大笑い!
    大物芸能人?なにもできない、社会的な屑のこと。

    • 名前:一陽 投稿日:2018/02/27(火) 19:08:15 ID:5bd0330ef 返信

      >>日本人さん

      その通りですね。言ってみればあれも、まともに職につけない出自に『いわく』のついた人間の生活保護みたいなものです。
      それが税金か、スポンサーとなる日本の企業に使ったお金かだけで違いはありません。電通などの広告代理店が徴収して、そういった連中一味がうまい汁を吸い続けているということ。当然裏稼業とも横でつながってます。
      そして、現在でもTwitterなどで「大手事務所からデビューできる」などとオーディション広告を流布して、何も知らず芸能界という虚像に魅せられてやってきた者達からも大金を搾取し続けています。
      我々国民には百害あって一利なしのものです。
      そういう人たちに騙されていることを教えていかねばなりません。