沖縄県民は「中国か」「日本か」の選択を迫られている 基地移転問題の真実を直視せよ

シェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

『沖縄の危機!「平和」が引き起こす暴力の現場』を読んでいます。

現状の日本には、帰化外人によるメディアの掌握、帰化外人による政治での内部工作、経済界での帰化外人の席巻、北朝鮮による軍事実験の脅威など、即座に思いつくだけでも問題が山積みですが、日本人が最も注視しなくてはいけない問題がこの本には書かれていると思いました。

「メディアの報道は、この事から目をそらさせるための目くらましなのではないか?」そう思えるほどです。

その問題とは、日本から沖縄という国土そのものが奪われる可能性です。

名護市辺野古への米軍基地移設を巡る沖縄の現状については、もちろん上に紹介した著書を読んだ方がより詳細を把握できることと思います。

しかし、私自身も著書の内容を受けてこの投稿を作成しようと考えた理由は、やはり若者の中にはあまり本を読まない人も多くいるので、そういう人達にも知ってもらわねばいけないと考えたからです。さらに言うと、本土においても圧力によって書店などでの特定の著作物の取り扱いが制限されるといったケースが見られますし、ネット通販ではすでに問題意識のある人しか検索しません。

私のような沖縄県外の人間が沖縄の現状について知ったことへの率直な意見をネットで拡散することで、県内でこの問題に立ち上がってくれる若者が現れたり、ニュースや新聞しか見ていない身内の高齢者に、なにが真実なのかを伝えてもらったりすることが、沖縄を守ることにつながると考えているからです。

さて、この記事の内容について、予め断っておかねばなりません。

この記事には世間でヘイトスピーチと呼ばれているような内容が含まれます。しかし、私に言わせればヘイトスピーチが起きる原因はする側ではなく、される側にあります。そもそもヘイトスピーチという言葉を使い始めたの誰なのか?「ヘイトスピーチヘイトスピーチ」騒いでいるのはどういった連中なのか?

ヘイトスピーチされるものがされる理由。ヘイトスピーチされないものがされない理由を理解しなければなりません。

沖縄に住む沖縄を愛する人々へ。あなた達は今現在大規模な詐欺の被害に遭っています。

奴らは『詐欺師』です。人を信じやすい日本人はいつも詐欺師どもに騙されます

沖縄には新聞がない

新聞とはどういう物か?

私の中で新聞の定義は『地域(市・県・国)の人々に情報を伝えるもの』です。

ならば、その情報が流す側の思惑によって歪められた偽りの情報であるならば、もはやそれは『新聞』とは呼べません。

沖縄本土の地方紙である『琉球日報』と『沖縄タイムス』がまさにそれを体現しています「沖縄には新聞がない」と書きましたが、これは「沖縄にはまともな新聞がない」ということです。

輸送の関係で沖縄には、本土で発行されている新聞をその日に入手することはできません。(本土で発行されている新聞も大概は偏向報道なのですが)、ゆえにほぼすべての沖縄県民がこの2紙のどちらかを購読し情報を知るわけです。

そこに目を付けた連中がいるのです。

この2紙が手中にあればいかようにも都合よく沖縄県民を扇動することができるというわけです。黒を白に、白を黒に見せかけることができるのです。

ここから、この沖縄の地方紙2紙が沖縄県民に対して行ってきた偏向・情報扇動を挙げていきます。

「米軍基地移転」を「新基地建設」にすり替え

基地問題について「なぜ沖縄だけ」と思う沖縄県民がいるのは仕方のないことですが、それはメディアが沖縄だけを執拗に取り上げて沖縄が弊害を被っているように印象付けられているだけです。実際に基地は日本国内の他の場所にもあります。

さらに言うとやはり、沖縄は日本の中でも特別な要の場所なのです。位置関係上、中国などといった特定アジアに真っ先に狙われるのは沖縄です。

実際に日本政府は実際にできるだけ沖縄の負担を減らすよう働きかけています。もちろん差別的な考えなどあるはずもありません。

しかし、どうしても政府や米軍基地を悪と印象付けたい左翼及び沖縄2紙は、「基地の移設」を「新基地建設」とすり替えて報道するという手を使い始めたのです。そのことについて追及されると、「今までなかった設備が増強されている」と揚げ足を取るような主張を始めます。

軍の設備を別の場所に移すのは家の引っ越しとは訳が違います。設備を刷新したり地形に合わせて変えるようなことは当然起こりえることです。

連中は、何でもいいから突っつくところを探しているようにしか見えません。

沖縄に米軍が駐留していなくとも攻めて来る者はいない?

そんな保証がどこにあるというのでしょうか?これは明確な『兵器を使わない戦争』と言えるものです。兵器の代わりに情報操作や印象操作を持って着実に沖縄の領土を侵略しようとしているのが中国共産党です。

これは中国と言う国を知らなさすぎるものの思考。そうでなければ、中国に加担しているものの思考と言えるでしょう。

沖縄に米軍が駐留しているから、中国は表立って沖縄に手が出せないのです。

今米軍は日本を守るために沖縄にあり、日本の脅威は領土を他民族から次々に奪い取っている中国共産党です。中国はこれまでにもサンゴを密漁したりと自然環境を破壊してきました。

中国がチベットで何をやってきたか?民族浄化という名の弾圧・侵略が続いています。道端の子供が中国の兵隊によって暴力で排除されている映像を見たことがあるでしょうか?

あれが未来の沖縄の姿でないという、そんな保証はどこにもありません。

著書ではこれらの沖縄の2県紙を『基地移設反対派の黒幕』と表現していました。しかし、新聞社が独自に米軍基地を排除し、沖縄を日本から隔離しようとするとは考えられません。

黒幕のそのまた黒幕は?と考えた時、米軍が沖縄という場所に駐在して日本を防衛することを疎ましく感じる連中。それはやはり、尖閣諸島などに度々領土侵犯を繰り返している中国、そして中国共産党であると考えられるのです。

実は私も若い頃は、ニュースなどの偏向を知らず「沖縄の人達は可哀想だな」と思わされていたのです。今にして思えばニュースは一部の人間の声を沖縄全体の声として取り上げ、米軍の不祥事ばかりを喜々として国民に伝え悪者扱いしていました。米軍従事者の働き・貢献については取り上げないのです。

しかしあれは国民を騙すための策だったのだと、今ならわかります。

確かに騒音の問題・環境の問題を憂いている沖縄県民は現実としているでしょう。

しかしそれらのことはまず、沖縄を侵略し手中にしようと狙っている中国共産党とその犬である『琉球新報』『沖縄タイムス』といった新聞社を排除したのちに、公平に語られるべき問題なのです。

ですから、自分の家の両親や祖父母がそのような新聞を信じていたら「それは嘘だよ」と教えてあげてください。

県のトップである知事が新聞の言いなり

現在の翁長 雄志知事は、米軍基地移設問題で政府を相手に真っ向から対立しする「オール沖縄」のトップとして、県紙2紙からの支持を得ています。

しかし翁長知事の県政には「新聞の顔色伺い」とも取れるような迷走ぶりが伺えます。

菅官房長官との会談での北部訓練場の返還について「歓迎する」と答えたところ、これら新聞2社からの反発を受け、翌日には自身の発言を「不適切だった」とひるがえし、銅訓練場のヘリパッド移設についても「苦渋の選択」と述べたことを新聞に批判され、「工事は認めていない」と釈明に追われるような有り様です。

これが自ら志を持って県を治めようというものの姿と言えるのでしょうか?新聞と知事。どちらが沖縄県政のトップに立っているものかわかりません。

そして翁長知事は、同じ沖縄県の領土であるはずの尖閣諸島の領土問題となると、「それは政府の問題」と、途端に沈黙してしまう。これがおかしな事であるというのは誰の目にも明らかです。尖閣が政府の問題であるならば基地移設問題も政府の問題だ。翁長知事が口を出さずともよい。また逆に、基地が沖縄の問題であるならば、尖閣問題も沖縄の問題のはずだ。

これが左翼にありがちなダブルスタンダードです。

何らかの権力の思惑で動いている左翼連中はその都度起こる事象において、まったく矛盾した態度を見せます。これは信念や思想ありきではなく何らかの目的に沿って動いているからです。都合のいいように「それとこれとは別の話」を使うのです。

このような二枚舌をトップに据えていることそのものが、沖縄の危機なのです。

アメリカ然り、日本政府然り。メディアが邪悪である以上メディアに支持されている人間というものは、胡散臭い傀儡であると言っても何ら差しつかえはないのです。

この記事を書いているまさにこの日、江崎孝代表ら「沖縄県政の刷新を求める会」のメンバー5人が、平成27年9月21日スイス・ジュネーブの国連人事理事会に沖縄県・翁長雄志知事が参加資格を持たない県知事の立場で公務として演説を行ったのは不当だとして、公費から支出された96万円の県への返還を求め、翁長知事を沖縄・那覇地裁に住民訴訟を起こすことがわかりました。(引用元ページ:産経ニュース)

沖縄県民は次の選挙で確実にこの男を降ろすよう県民全体で動かねばなりません。家族や知人に騙されている人がいるなら目を覚まさせてやってください。

でなければ、やはり沖縄は近い未来、翁長知事のバックにいる中共の手に堕ちることになるでしょう。

基地反対派は、なりすましのプロ『在日外人』だ

基地反対派の中に沖縄県民はほとんどいないと言われます。左翼の印象操作で「沖縄を守ろう」と本当に考え参加してしまう人もいるかもしれませんが、実際に参加している連中の多くは本土の各地から集まっているようで、実際に様々な方言が飛び交っているようです。

少し話は飛びますが、世界情勢の中で様々な国の中で起きる混乱は混乱させたいという思惑を持った、いわゆる工作員と呼ばれる連中が起こしているものが、かなりの割合を占めています。

つまり「起きる」というより「起こされる」のです。

どういうものが何の目的でそんなことをするのか?実はほとんどのものは根っこでつながっていて、私はこのブログでも幾度も触れてきましたが、この記事では主旨がずれるので割愛します。

そして、沖縄に集まっている連中も実は「沖縄県民が米軍の基地移設に反対し、悲痛な訴えの叫びをあげている」と見せかけるために集められた連中です。それが『プロ市民』という名の金をもらって雇われたガヤです。

いや、ただのガヤで済めばまだしも、反基地派には山城博治などの凶暴なものがおり、これまでにも器物損壊や沖縄県防衛局職員への暴行などの容疑で逮捕されています。

そして極めつけは、沖縄県外とはいえまだ日本人が米軍基地移設の反対を訴えるのならばわかるのですが、基地反対派の掲げる横断幕や身に着けている物など、あらゆるところになぜか日本語ではない、朝鮮語のハングル文字が使われているのです。

参考画像

これらの連中には沖縄を想う気持ちなどはこれっぽっちもなく、連中の活動拠点となっている場はゴミや廃材のようなものが散乱し、美しい自然環境に悪影響を及ぼしているようです。

それもそのはず、バックに中国共産党がいるような連中です。中国人・韓国人が訪れた場所は街の通りでも飲食店でも汚く散らかってひどい有り様になることは知られています。

そんな奴等の品性などたかが知れます。

これらのことから、そのような得体のしれない連中の声に耳を傾けるなど、沖縄県民はもちろん、他県民にとっても時間の無駄にしかならないということです。

産経ニュース:沖縄の米軍基地反対運動 「逮捕者のうち4人は韓国籍」と警察庁

土人という言葉は沖縄県民に向けられた言葉ではない

大阪から派遣された機動隊員が、基地反対派の連中に対して言った言葉『土人』

あれはまさに印象操作の手本ともいえるような出来事でした。

沖縄の偏向県紙2紙は、この言葉をまるで「本土の人間の沖縄県民に対する差別意識の表れ」であるかのように取り扱い、日本と沖縄の間に無理やり溝を作り出そうとしたのです。

まず、実際に沖縄県民以外の日本国民が沖縄県民を差別や・特別な目で見ているということ自体がありえません。沖縄の風土や気候に対して「住みたい」「行きたい」と言った『憧れ・羨望』の言葉はあっても、沖縄県民に対する差別的な言葉など聞いたこともありません。少なくとも長年東京に住んでいる私の周りではそうです。

この「土人」という言葉は、基地を守る機動隊員を口汚くののしりながら危害を加えようとするプロ市民、そしてそれを裏から支援する沖縄の偏向2紙のような連中に向けられた言葉です。

そして、そもそもあれだけ基地反対派からの罵詈雑言が飛び交う現場で、なぜ新聞社が機動隊員の言葉の方だけをえぐり出して大々的に取り上げるのか?まったく不自然極まりない。そこに報道するものとしての中立性はなく、どちらのバックに立っているか誰の目にも明らかです。

沖縄2紙のこのことに関する報道は、ろくでもないやつが「アイツがオマエの悪口言ってたよ」と根も葉もないでっち上げを言って、関係を引き裂こうとするのと同様のことです。

さらにああいった人種は自分から火種を撒いておいて、それに相手が反応した途端に被害者面で立ち振る舞う。それが異常に上手い。特亜人種お得意の『当たり屋』だ。

私から連中にもう一度言っておこう。

おまえらはただの土人だよ。

終わりに

この記事を書いている時にあることを思い出しました。「鬱病の患者には大金を与えれば治ってしまう」と言われていることです。

そのことについて、「金がほしいだけで心の病気になるなど浅ましい」こう考えて笑う人がいるが、それは浅薄な人です。実際に欝の根底にあるものは『人間関係』です。金を稼ぐための雇用や取引の上で望まぬ、理不尽な、余計な人間関係を築く事を迫られ、結果心を病むのです。

なぜこんなことを思い出したのかというと、「この日本という国が鬱病になっているから」です。

その原因は冒頭に書いたようにあらゆる日本の問題に関わってくる反日左翼在日外人との人間関係によって起こされています。

そして、ものは大きくなるほど実態がつかみにくいものです。

今回の主題である沖縄の基地移転問題は、大きすぎてわかりづらかった日本の問題の縮図です。沖縄は長い年月に及ぶ左翼の印象操作・偏向によって、完全な鬱状態に陥っていると言っても過言ではありません。

この沖縄を蝕む病に気づいたある沖縄の若い方がネット上でこう言っているのを見ました。

「このままでは沖縄がなくなってしまいます。沖縄を助けてください!」

しかし、それは正しいことではありません。

問題の解決を他人だけに委ねてはいけません。解決するのは他人ではなく、自分自身です。つまり沖縄の問題を解決するのは沖縄県民です。そうして他の人々を巻き込んでいかねばなりません。まずは沖縄県民が団結して立ち上がる姿を見せ周りに訴えていけば、それが国民全体に伝わっていくでしょう。

まずは政治を変えねばなりません。選挙で沖縄を中国に売り渡す売国政治家を引きずり落し、沖縄県民の声を絶えず自治体に訴え、日本政府に訴えていくのです。

ですが沖縄県以外の日本国民もやはりひと事ではありません。どこか他人事のように感じている人がまだまだ多くいるのが残念なことです。

いま共産党や反日外人が侵略しようと狙っている最前線は沖縄・北海道・対馬です。

しかし、それらが侵略され向こうの手に落ちた後、向こうはそれで満足するでしょうか?する相手だと思いますか?次は九州、四国、本州と手が伸び、気付いたら自分の住んでいる土地に中国人が溢れているかもしれません。中国人の増殖力と強欲さがわかりますか?そうなったら日本人はあっという間に追い出されてしまうでしょうね。

ですから、これは他人事でも何でもなく、紛れもなく日本人は全員が当事者なのです。

これから先、沖縄を愛する沖縄県民が、何者の思惑にも捕らわれず、沖縄にとって何が最善かを考えられる。そのような土地にしていかねばなりません。

沖縄から移転(排除)するべきは、『基地』ではなく、『キチ外』です。

スポンサーリンク

シェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします