『Top Buzz Video』は危ない?支那(中国)産は危ないに決まってるでしょう

シェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

『TopBuzz Video』は少し前から、ネット上でよく広告を目現在にするようになった動画視聴アプリです。『Buzz Video』に名称変更しているようです。

運営会社は中国のBytedanceという会社です。

主題を読んで、おそらく「『Buzz Video』が危ない?だったらその根拠を示せよ!笑」などと思う人も出てくるでしょうが、そういう人は大方、流行りに釣られて金だの情報だのをカモられてる、いわゆる情報弱者、それか支那人に過ぎません。

それと、ここからは中国ではなく正式に『支那』と記述します。(中国という名称は“世界の中心の国”という意味で、中国が日本に押し付けた呼称に過ぎない)

流されやすい人間は、相手がどういう存在なのか、例えば「善人なのか」はたまた「殺人犯なのか」といったことも見極めずに、いいように利用され、挙句に泥沼へ放り込まれてしまいます。

頭の良し悪しに関わらず、メディアが報じない政治・社会情勢について、少しでも理解しようという意識のある人間は、この期に及んで支那産のゲームやアプリなど、関連コンテンツに積極的に手を出そうとは思わないでしょう。

そういう意識のある人以外は、見渡す限りカモです。

国家主席の任期を撤廃し、習近平の独裁国家になろうとしている支那。そして中国共産党の掲げる『一帯一路』。この構想は、志那から中東を経由したヨーロッパまでの陸路、そして海路を通じて経済・インフラ・貿易その他の分野で、経路周辺国と協力関係を構築するなどといった耳障りのいいものです。

しかし、中国の歴史・日本との領土問題をはじめとする周辺国への行為について正しく書いた書物を一冊でも読んたことがあれば、それが獲物を引き摺りこんで喰らうためのまやかしかでしかないということは容易に理解できます。

『盗賊』『山賊』『海賊』などと言うものがあります。人を騙し、殺し、簒奪する輩です。

中華民族が歴史の中で行ってきた民族同化、ウイグル・チベットといった近隣国への民族浄化、そして弾圧。支那を表すなら、まさに『賊国』です。(【国賊】にすると“国家の国民でありながら、その国家に害をなす者”となるため、賊の国という意味で『賊国』)

中華思想には、周辺の国と手を取って協力し合ったり分け合ったりなどというものは一切なく、あるのは「すべては中国のために存在するもの。他人・外国騙して取るか、奪って取るか」という奸計だけです。

ここで言っていることは、朝鮮や中国の歴史捏造、反日・抗日教育などとは次元の違う、たった今そこにある事実です。

日本では北海道をはじめとし、支那系企業による広大な土地の買収が行われています。

それについてすら「ただの投資やビジネスだ」という日本人がいます。しかし有識者の間では、それらの使途不明の土地購入が、中共(支那共産党)の息のかかった起業によって行われているであることはほぼ確定的であるとされています。

日本人は「大丈夫だよ」「心配ないよ」などと当たり障りのない日和見の希望的観測に身をもたせ掛けがちです。しかし、日本への『静かな戦争』は日本国民の気づかぬところで、絶え間なく続いています。いや、日本は何ら抵抗していないのだから戦争ではなく、正しくは一方的な『侵略』です。

前置きが長くなりましたが、これらのことから、動画アプリだろうが何だろうがそれが支那の息のかかったものであるならば、「安全か、どうか」など議論する時間すらナンセンスなのです。

これだけでも『Top Buzz Video』に手を出すのは無知蒙昧と私は考えます。しかし納得していない方もいるかもしれません。そのため、私はもちろんインストールしないとして、一応評判自体も調査して以下に挙げてみました。

TopBuzzVideoの動画サイトとしてのクオリティーの低さ

ほとんどの動画がYoutubeからの転載・コピー・ツギハギをアップしただけの低劣なもののようです。まさに人様の領土や文化をパクり続けてきた支那人が作っただけはあると言えますね。

このことについて関連性のある動画を見つけたので貼り付けます。この方はYoutubeにアップしたオリジナルの動画を無断で転載されており、人に知らされるまでわからずにいたようです。

コメント欄を見ると他にも動画を盗用された方がいる様で、その方は運営に苦情を申し入れたところ「片言に日本語」でまともな対応もされなかったと書いておられます。

シナ(支那という字が直接変換できないため、ここからはカタカナ)にとっては「全部自分の物」だと思っているので、盗み・パクリという概念がないんですね。運営も盗用・盗作について暗黙の了解なのでしょう。

このアプリの運営元の関連会社と思われる企業は過去に『Everfilter』というアプリで、日本の人気アニメ映画『君の名は。』の名前及び画像を無断盗用し、権利を侵害しているようです。

http://www.huffingtonpost.jp/2016/12/07/everfilter-yourname_n_13477042.html

小さな話ですが、私は以前、地方農家の方が畑の近くを通る若いシナ人達に野菜をおすそ分けをしたところ、それからというもの毎日畑から勝手に持っていくようになった、という話を聞いています。

このことだけでも日本人とシナ人の感性が180℃違うということがわかります。もはや別の生き物といってもいいでしょう。

そのシナ人が今、日本に観光客やら生活保護の不正受給で大挙し増え続けていますが、このままいけばそのようなことは、その内そこかしこで見るようになるでしょう。

ですから良識ある日本人は、賊国シナ製の動画盗作アプリなど利用すべきではないのです。

『Top Buzz Video』個人情報を徴収している

これについて多くの方が指摘されています。この動画視聴アプリは登録・インストールする時に端末履歴・位置情報・カメラ・マイク・Wi-Fi使用履歴、そのほか、あらゆる情報へのアクセス権限を求めてくるのです。

私はインストール未実施ですが、実際に試された方の詳しいレビューが以下のブログ記事に掲載されています。

https://plus1world.com/topbuzz-video-app-report

これで何も思わずに登録する人がいるのだろうかと、思わず首を傾げたくなりました。

私からしてみるとやはりというか、当然そうだろうといった感想です。FacebookやLINEについてもまったく同じことを書きました。

一般の人に取って、インターネットはニュースや娯楽に使える便利なアイテムでしかありませんが、国家に取ってITは今や情報という名の言わば兵器です。各国がハッキングやサイバー攻撃などによる情報戦を繰り広げているのです。

FacebookはCIAによる大衆監視ツールであり、個人情報を登録させ管理収集していると言われた時も、「陰謀論だ」と一笑に伏す知識を持たない人が大勢いました。

しかしそれはCIA内部に在った人間による内部情報の告発であり、ロシアでもプーチン大統領によって禁止されるということがありました。日本では報道されないため、その人たちは騙されたのです。

例えば「権限を許可しなければ良いんだから関係ないだろ」と考えている方もいるかもしれません。しかし、私は得体の知れない相手が示しすものを額面通りに受け取ることに恐怖を禁じ得ません。

例えばウイルスでスマホカメラなどを乗っ取られるという事案が実際にありますが、インストール後にこのアプリの運営元、またはつながりのある別のシナの組織がハッキングして情報や映像を盗み取る可能性がないとなぜ言い切れるのでしょうか?

そこまでを考えた上で、それを承知でインストールしていますか?

終わりに

この「Top Buzz Video」は「Youtubeよりも稼げる!」などと喧伝されているため、小遣い稼ぎに利用しようとする人も多いようですから、そういう人たちに取っては都合の悪い話に聞こえるでしょう。

「Top Buzz Videoはただの民間企業のビジネスであって、共産党とは関連がない」などと言っている者も見ましたが、ネット上で言論統制が行われているような国が、海外向けに作るアプリを監視や介入を行っていないなどと言う方が非現実的であり、それこそ希望的観測というもの。そういうものは大体が的外れです。

そもそもネット上には左翼による印象操作・扇動のためのデマが溢れています。日本には日本人でないのも多数入りこんでいるのですから、ネット上の耳障りのいい言葉を信用するのは賢明とはいえません。

いつの時代も胡散臭い儲け話に飛びつく人から真っ先に騙されていきます。

なぜか?その理由は、それがその人たちが儲けるために作られたわけではないからです。

また、1つ誰でもわかる胡散臭いものの見分け方を教えておくと、『やたら広告が出てくるもの』です。例えばよくわからないネット広告がたくさん出てくる『新成分配合化粧』品なども、元をたどるととても胡散臭くて信用に足りない会社であることがほとんどです。

騙されたくなければ、利用する前に調べてしっかり見てください。

「中国製だけどこれは安全?」「これは危険?」

そんなことを裏の裏まで見抜ける力や技術など、どうせ持っていやしないのですから、手を出さなければいい話です。日本には『障らぬ神に祟りなし』といった、余計に手を出さなければ災いを受けることはない、という意味のことわざもあります。

奇しくも、大昔の支那にも『君子、危うきに近寄らず』という、思想家・孔子の言葉(定かではないようです)言葉がありますね。

と言えども、同化を繰り返したツギハギ民族・支那人に孔子の思想は受け継がれておらず、むしろ自身がもっとも、他人にとって危うきものとなっているようです。

スポンサーリンク

シェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします

『『Top Buzz Video』は危ない?支那(中国)産は危ないに決まってるでしょう』へのコメント

  1. 名前:鈴木まひろ 投稿日:2018/04/05(木) 06:39:35 ID:21fd34635 返信

    おっしゃっている事は総て事実、真実だとおもいます。私は政治的には中道保守、リベラル(この最後の、最近いやがられるみたいね)を自認していますがどっち付かずとも思われるのかな。最近の方ですと野村秋介さんや西部邁さんが好きでした。
     中国をシナと呼ぶのは今までは”向こうが嫌がってるんだからやめてやりゃいいじゃん”
    位に思って来ましたが少し知って見るとそちら様がおっしゃる辺りがこれも本当のようですね。
     ただ、私は未だに違和感があって使わない、使えない、けれども。
     バズなんとかをふた月ほど前から利用していてコメントが結構ベストに選ばれたりもして半ばいい気で居ましたが所々の直訳、意味不明説明など、これは中国だな、おそらくは、と、ピンと来るものはありました。
     入るときもヨソと同じくアレコレ許可与えたような……
     アレって他所にしろ明らかに必要な権限以外断っても機能するのですか?よく分からなくて。又教えて下さい。
     今のところは警戒しつつ付き合うってところかなぁ。
     ただし、国として、政治体制としての中国は、大きな北朝鮮ですから危険極まりないし好きではありません。
     ”中国人だけにはお願いだから土地、水源売らないで!!”
    とでも叫び出したい気持ちも持っています。
     ここは個人のブログなのですか?何が言いたいのか自分で意味不明?な気もしますが当たり前かつ、いい事言ってるなぁ、と思ったものですから。

    • 名前:一陽 投稿日:2018/04/05(木) 08:56:43 ID:24530a236 返信

      >>鈴木さとるさん
      リベラルでも中道でも、政治的思想はどうあれ、要は根底に日本を思う気持ちがあればいいのではないかと私は思います。

      日本を思う気持ちがないのが今の左翼です。いえ、右翼·左翼という対等であるかのような言い回しももう古いと感じます。明確に、愛日と反日です。

      これまでの観念から支那と呼ぶのに確かに違和感はあります。しかし「世界の中心の国と呼べ」と強要されるのは、やはりそれ以上に不快です。日本でも中国人による多くの迷惑行為や犯罪が行われていることからわかるように(ニュースにならないのも数多くある)、世界に犯罪者を輸出している国が「世界の中心」とは片腹痛い話です。

      表立って『中国』と名乗るわけでないので、至る所に蔓延する支那産を避けるのは難しい話です。鈴木さんのように問題意識を持つ人以外、多くの人が疑問も抱かずに取り込まれています。

      政治的思想はどうあれ、と上記しましたが、それは極端になり過ぎると正しきを見失うこともあるからです。
      しかし、私は問題提起するために、あえて極端なスタンスを取ります。
      結局そういう危機や問題意識を持たざる、特にメディア洗脳の強い世代の人が、「中国が何か?」も考えず、安易に土地を売却したりしてしまいます。そういう人たちに早急に訴える目的を成すためには、道を選んではいられないからです。

      こちらは私個人のブログですがTop Buzz Videoについては「何となく胡散臭い」と考えて調べ始め、支那であることがわかりました。
      この日本はアカが狙う国ですから、目に見えない胡散臭いもので充満しています。メディアに造られた国民の意識を変えていかなければなりませんね。